Big Black一覧

ラモーンズを語るスティーヴ・アルビニ (2015)

自分の音楽人生が始まった瞬間をはっきりと思い出せるよ。あれは学校で社会科見学に向かうバスの中だった。14歳か15歳の頃だったかな。クラスメイトの一人が語学実習で使う小さなカセットプレイヤーを持ってたんだ。このくらいの大きさの、端っこにボタンが4つ付いてるやつでね。彼の兄が大学で買ったラモーンズのカセットを持ってたんだ。

スティーヴ・アルビニ「音楽の問題」 (1993)

スティーヴ・アルビニが1993年12月にカルチャー誌に寄稿した『The Problem of Music』の和訳。彼のライターとしての作品の中でも有名なものです。1993年といえば彼がプロデューサー/エンジニアとして手掛けた作品群の中で最も有名なニルヴァーナの『In Utero』が制作・発表された年でもあります。

スポンサーリンク